キューバ旅行の観光客が気を付けるべきポイント|治安がいい地域はどこ?

キューバ旅行の際に観光客が気を付けるべきポイント

キューバ旅行の際には治安状況が気になるところですが、特に女性の一人旅や子供連れのファミリーの場合はいくつかの気を付けるべきポイントをおさえておくことが重要になってきます。まずキューバ旅行で観光客が気を付けるべきなのは、街中でのスリや置き引きなどの窃盗で、こういったリスクを回避するためにもパスポートのコピーを持参しておくことが大切になります。

パスポートのコピーを持参しておけば、窃盗の被害に遭ってパスポートを盗まれてしまった場合でも、帰国できなくなってしまう状況を防ぐことができます。また、海外旅行ではインターネット環境も重要ですが、日本の通信会社ではキューバで使用できるモバイルルーターの取り扱いがないため、キューバ旅行で通信環境を確保するには現地でSIMカードをなどを調達するか、海外のモバイルルーターサービスを利用する必要が出てきます。

キューバ旅行をする上でインターネット環境の構築は必須となってくるため、多少通信費がかかってしまったとしても、いざというときに携帯電話を使えるようにしておくことが大切になってきます。

キューバで治安が良い地域

キューバの治安状況は地域によって多少ばらつきがあり、首都ハバナの治安は比較的安定してるといえますが、それでも軽犯罪には注意が必要になります。ハバナは深夜営業するお店が少ないことから街全体の灯りが少ないですし、さらには物乞いする子供や大人も多く、特に観光客をターゲットに近づいてくる可能性が高いため、簡単にものを手渡したりすることは避けるべきです。

また、キューバ旅行ではセキュリティの高いホテルを選ぶことも大切で、ハバナにはある程度セキュリティ体制が整ったホテルが数多く点在しているので、治安面で不安な人におすすめの地域といえます。キューバの首都から少し離れた地域の場合、治安も良いとはいえず旅行するにおいて軽犯罪の被害に遭うリスクも高まってしまうので、キューバ旅行を考える際は首都であるハバナを拠点に計画を立てることがおすすめといえます。

ハバナの中でも比較的人が多い中心部ではあれば、そこまで治安の悪さを気にする必要はありません。

まとめ

キューバ旅行に訪れる場合、どのような点に注意する必要があるのかを前もって把握しておくことが重要です。キューバは社会主義国家であるため、重大なトラブルが発生することは少ないですが、一方で軽犯罪は多発しているので、被害に遭わないためにも現地での行動には注意が必要になります。

首都のハバナは比較的治安が安定していて、セキュリティの高いホテルも多くあるので、キューバ旅行の際にはハバナを訪れてみるのもおすすめです。